育毛剤について語ってみる。

育毛剤は薄毛で悩む人にとっては最後の望み、である。これでだめなら本当にどうしようもない、と考えている人もいるだろう。
それを考えると、私のショップで販売する育毛剤は本当に期待のできる、全員に効くと言うのは無理だが最低でも成分はしっかりと効果のある配合をされていなければならないと考えている。
正直言って今の世の中、売れればそれでいいという商品で溢れていると思う。さらにデフレが追い打ちをかけ、コストの安い、質の悪い外国製の商品が棚に並んでいる。
育毛剤や育毛シャンプーも同じだろう。しかし、私の店では、それは許さない。しっかり育毛理論を研究し、それにのっとって成分を組み合わせた品質の良い育毛剤や育毛シャンプーしか取り扱う気はない。
私は安ければ安いほどいいというような世間の風潮に危機感を持っている。ものづくり日本でありながら安価だが質も悪い、つまり安かろう悪かろうの商品を皆、買っているのである。
安いものはそれだけ何かのコストを削っているのである。品質を保って価格を抑えることはある程度は可能だろうが、やはり無理なのである。
それを知らない人たちは安くて儲けた、いい買い物ができた、と勘違いしているのである。それが粗悪品とも知らずに・・・
私は、私のショップで買い物をしてくれる方たちはそうならないよう、本当に質の良い、ものづくり日本が誇れる商品を販売するつもりである。

雑草日記

アンチエイジング アベックホームラン 切れ端ケーキ

Copyright (C) 2010 育毛剤ショップの店員雑草日記 . All Rights Reserved